かばのおうどんに「チャージスポット」設置!モバイルバッテリーがレンタル可能に!うどん食べながら充電も!?

かばのおうどんに、日本設置数シェアNo.1のモバイルバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」を設置しました。

モバイルバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」の写真

1時間150円から充電が可能なので、かばのおうどんでおうどんやてんぷらを食べながら充電して、会計時にそのまま返却…みたいなことも可能です。

ChargeSPOT(チャージスポット)とは

モバイルバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」の写真

どのスポットで借りて、どのスポットで返却してもOKな、モバイルバッテリーのレンタルサービスになります。

レンタルを開始すると、モバイルバッテリーが1個ボコっと取れるようになり、そこにはUSB-C・iOS・Micro USB、3タイプのケーブルが内蔵しており、ほぼすべてのスマートフォンに対応しています。

モバイルバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」のケーブル写真

ケーブルが合えば、パソコンやその他機器も充電可能です。

 

ChargeSPOT(チャージスポット)のレンタル方法

レンタル方法はいたってシンプルです。

①「チャージスポット」で検索して、アプリをインストールする。

②携帯番号を入力して認証コードを受け取り、ログインする。

③バッテリースタンドに表示されているQRコードを読み取り、お支払い方法を選択する。→使用開始

④使い終わったら、空いているバッテリースタンドのスロットに差し込めば返却完了です。

 

ChargeSPOT(チャージスポット)の料金とか

最初の1時間未満で150円、48時間まで300円。

そのあと1日150円で使用できます。

※レンタル開始後168時間(7日間)を超えた場合は、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生します。すべて税抜き価格です。

 

ChargeSPOT(チャージスポット)の注意点

すごく便利ですが、注意点もありますのでご一読ください。

充電ゼロの場合は使えない

そもそも「アプリでQRコードを読み込んで」レンタル作業を開始する必要があるため、充電がゼロになっていたら使うことができません。

返却スロットがゼロの場合もある

どのスポットに返却してもOKですが、「スロットが全部充電器で埋まっていたら返却不可能」です。

チャージスポットのアプリ画面
チャージスポットのアプリ画面

アプリ内に、「このお店は現在、いくつ貸出可能でいくつ返却可能」という表示があるので、そちらで確認してから返却スポットに出向いて下さい。

故障や不具合、利用方法などはカスタマーにご連絡下さい

設置しているとはいえ、かばのおうどんスタッフは機器に精通していません。

不具合やトラブル、詳しい使い方などはバッテリースタンドの説明書をお読みいただくか、カスタマサポートまで直接ご連絡をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です